肺高血圧症診療ガイドラインについて

PAHの会では、日本肺高血圧症・肺循環学会(JPCPHS)HPに掲載されている下記の5種の診療ガイドラインの作成にあたり、作成委員または外部評価委員として参加しています。 


*肺高血圧症の治療に関しては、主治医にご相談ください。


  • 肺静脈閉塞症(PVOD)肺毛細血管腫症(PCH)診療ガイドライン

  • 慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)診療ガイドライン

  • 肺疾患に伴う肺高血圧症診療ガイドライン

  • 結合組織病に伴う肺動脈性肺高血圧症診療ガイドライン

  • 特発性/遺伝性肺動脈性肺高血圧症(IPAH/HPAH)診療ガイドライン

最新記事

すべて表示

肺高血圧症(PAH)患者を対象とする治験のご案内

ご協力いただける方を募集いたします。 ■治験の概要 肺動脈性肺高血圧症患者(PAH)を対象に,既存治療の単剤服用と二剤の配合剤の服用時の有効性・安全性を比較する試験、及び配合剤の継続投与試験です。 ■治験の対象患者は以下の通りです。 • 18歳以上の男女 • 第1群肺高血圧症と診断された方 • PAH治療薬を服用したことがない方,又は特定の既存治療薬の単剤を3 ヵ月以

PAHの会の紹介記事が掲載されました

ファイザー株式会社が社会貢献活動として行っているヘルスケア関連団体(VHOネット)のネットワークづくりを支援する機関誌である『まねきねこ』 57号のクローズアップに「PAHの会」が紹介されました。村上理事長が取材を受け、当会設立の経緯から最近のオンライン活動まで紹介しています。 是非、ご覧ください。 まねきねこ57号 クローズアップ NPO法人 PAHの会 肺高血圧症患者と家族の会