ABOUT PAH

肺高血圧症とは

肺高血圧症は患者ごと、病気の進行ごとに症状がさまざまです。
まずは、この病気についてきちんと知ることから始めてください。

肺高血圧症とは

img-heart.png

心臓から肺へ血液を送る血管(肺動脈)の内腔が狭くなることにより、肺動脈の血圧(肺動脈圧)が高くなる病気です。

01

心肺動脈の血圧が高くなると、心臓から肺へ血液が流れにくくなります。

02

流れにくくなった肺の血管(肺動脈)へ無理に血液を送ろうとするため、心臓(右心室)への負担が大きくなります。

03

この状態が続き、心臓(右心室)の筋肉が負担に耐えきれなくなると、心臓(右心室)の働きが悪くなり「右心不全」を引き起こします。

04

その結果、全身に血液(酸素)を必要なだけ送れなくなり、全身の機能が低下していきます。

05

肺高血圧症の種類

肺高血圧症には「特発性肺高血圧症」と「二次性肺高血圧症」があり、「特発性肺高血圧症」は原因がわからないケースもあります。

img-treatment.png

病気の進行と症状

肺高血圧症は病気の進行とともに重症度が高まります。
そのため、できるだけ早い段階で治療を始めることが大切です。

肺高血圧症の症状

●肺高血圧症の息切れ ●胸痛 ●気絶 

●慢性疲労●下肢の浮腫 ●抑うつ 

●乾性の咳 ●レイノー現象 など