ABOUT MSC

医学顧問

肺高血圧症医療をさらに前進させていくために、
医学顧問(MSC)の先生方にPAHの会の活動をサポートいただいています。

PAHの会では、医学顧問(MSC:Medical Support Council)として多くの先生方にご参加いただき、全国組織の肺高血圧症患者会として活動する私たちPAHの会を、医学的見地によりサポートいただいています。

PAHの会の医学顧問(MSC)のご紹介(北海道~九州順)

現在の医学顧問(MSC)の先生方からのメッセージをご紹介します。
PAHの会では、第3期の医学顧問(任期は2年:2021年1月1日〜2022年12月31日)を全国の専門医の先生方9名にお願いしています。お引き受けいただきました先生方の強力なサポートのもと、全国組織の肺高血圧症患者会として、肺高血圧症医療のさらなる前進を目標とした活動を展開していきます。

札幌医科大学

循環器・腎臓・代謝内分泌内科

橋本 暁佳 先生

肺高血圧症は大変珍しい病気なので、患者さんやご家族の方々は、どうしても孤立しがちで、様々な不安を抱えている方々もいらっしゃるかもしれません。少しでもその不安な気持ちを和らげ、心配な事を一つずつ減らしていくお手伝いができればと思っています。この病気との付き合い方を、ご自身やご家族だけでなく、同じ病気を持つ方々とそのご家族のみんなで、一緒に考えていくことで、皆様の毎日が素敵なものになりますことを心から願っています。我々医療従事者もいつも皆様から勇気と元気をもらっています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

東京歯科大学
市川総合病院小児科
慶應義塾大学病院
小児科

福島 裕之 先生

PAHの会の皆さんのサポートをさせていただきます。質問などいつでもお寄せください。

千葉県済生会習志野病院
肺高血圧症センター
千葉大学大学院
呼吸器内科学

田邉 信宏 先生

コロナ禍で、通院することさえ、不安を覚え不自由な生活を強いられていることと思います。病院によっては、フォローの検査入院もされていないときいています。他疾患の患者さんでは、具合が悪くなるまで病院に来ないという弊害も出ています。当院では、幸いほぼ、通常どおりの肺高血圧症診療を行えております。また、基本、マスクと手洗いで防げること、加えてコロナ重症化を防ぐ治療も次第にわかってきています。皆さまにおかれましても、症状悪化時は、我慢することなく受診されるようにしてください。

日本医科大学大学院医学研究科
アレルギー膠原病内科学分野
日本医科大学付属病院
リウマチ・膠原病内科

桑名 正隆 先生

肺高血圧症の治療は劇的に進歩しましたが、膠原病に伴う肺高血圧症は病態が複雑なため、まだ改善の余地が残されています。よい治療を提供するためには、患者さんと専門医との話し合いが不可欠です。疑問などあれば担当医に相談するようにしてください。

東京大学大学院医学系研究科

重症心不全治療開発講座

特任准教授

波多野 将 先生

私が肺高血圧症の診療に携わるようになってから早いものでもう15年以上が経過しました。この間に治療法は飛躍的に進歩し、現在では肺高血圧症は「不治の病」ではなくなりました。一方、点滴・皮下注射・吸入などの特殊な治療を必要とすることも少なくなく、治療上疑問や不安を抱えている方も多いと思います。PAHの会を通じて、そのような皆様の疑問や不安を解消する一助になれれば幸いです。

国際医療福祉大学医学部

循環器内科
国際医療福祉大学三田病院

肺高血圧症センター

田村 雄一 先生

肺高血圧症とのつきあいは、患者さんにとっても長いものになります。皆さまの生活に寄り添った形での医療・知識を提供できればと思います。

大郷 剛 先生

国立循環器病研究センター
心臓血管内科肺循環科・肺高血圧症先端医学研究部

肺高血圧症の患者さん、いっしょに歩いていきましょう。

大阪急性期・総合医療センター
小児科新生児科
大阪大学
小児科

小垣 滋豊 先生

常にアンテナをはって、新しい正しい知識と情報を集める努力をしています。皆さんと一緒に考え悩みながら、小児期から成人期までPAHとともに歩んでいきたいと思います。よろしくお願いいたします。

阿部 弘太郎 先生

九州大学病院
循環器内科

患者会を通じて、肺高血圧症の治療に関する情報をわかりやすく提供していきたいと思います。一緒に頑張っていきましょう。

PAHの会の医学顧問(MSC)について

NPO法人PAHの会では、世界の肺高血圧症患者会を束ねている米国のPHA(米国肺高血圧症協会)から助成金を頂き、2007年10月28日に「第1回全国PH(肺高血圧症)大会」を開催いたしました。
大会の開催にあたり、慶應義塾大学循環器内科(当時)の佐藤 徹先生と同大学小児科の福島裕之先生のお二人には、企画段階よりご協力いただき、同大病院会議室をお借りして、当日には全国から専門医の先生方が休日返上で駆けつけてくださいました。また、関連企業にもご協力をいただきました。
それまでは、肺高血圧症に関して、全国の患者と家族が一堂に集い、意見交換を行う機会がなかったことから、参加者には大変好評で、是非このような機会を継続して欲しい、との要望が多数寄せられました。そのため、引き続き毎年開催して、2012年の第6回大会からは、上記のお二人の先生方に加えて、慶應大学循環器内科(当時)の田村雄一先生にもご参加いただき、参加者にとってより有益で楽しい会になるように、主に医学的サポートをお願いしました。 そして、毎年開催してきた「全国PH大会」は、参加者にとって「あそこへ行けば肺高血圧症のことは全てわかる!」との高い評価を得られるようになりました。当会では2016年の第10回大会を機に、今までの大会を振り返り、参加者である肺高血圧症患者と家族にとって、より有益な情報を届けていくために医学顧問(MSC)を設立して、全国の専門医の先生方に、希少難病と闘う全国の患者と家族の「肺高血圧症克服」への悲願をより強力にサポート頂くことといたしました。
当会の活動へのご理解、ご賛同をいただき、医学顧問(MSC)を快諾された先生方は、肺高血圧症の専門医として全国PH大会に数多く参加されています。任期は2年となっていますが、ほとんどの先生方には継続いただいています。

 

医学顧問(MSC)の先生方には、下記の患者会活動をご支援いただいています。
• PAHの会の活動に関して医学的見地による当会の活動へのサポート。
• 全国PH大会をはじめ、本部・支部活動等へのご参加、ご講演、医学的アドバイス。


 

医学顧問(MSC)の先生方には、患者や家族による交流会・勉強会や、会員限定の講演会やオンラインセミナーなどもサポートいただいています。

PAHの会では、医学顧問(MSC)の先生方と直接お話できるイベント等を定期的に開催しています。詳しくは「入会申し込み」ページをご覧ください。

PAH(肺動脈性肺高血圧症)患者さんのための情報サイト|Produce A Hope
日本新薬株式会社|健康未来、創ります。
bnr_bayer.gif
肺高血圧症治療サポート
セコム薬局(薬剤提供サービス)|医療|セコム医療システム株式会社
持田製薬株式会社
CTEPH.jp|CTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)の総合情報サイト
PAH ケアノート | PAH患者さんのための症状チェック、服薬管理レポート共有アプリ
肺動脈性肺高血圧症 情報サイト PAH.jp

このウェブサイトは、肺高血圧症患者とその家族が制作、運営しています。

本サイトに掲載している内容は、あくまで肺高血圧症についての一般的な情報です。細心の注意を払い本サイトへ情報を掲載していますが、この情報の正確性および完全性を保証するものではありません。個々の患者さんの治療や病状の管理など、医学的、専門的なことがらについては、必ず患者さんご本人の主治医と相談するようにしてください。

Copyright©2021 PHA Japan All rights reserved

donated by SERVICE GRANT