Living information

生活情報

肺高血圧症と診断され、治療を受けていく上で、患者さんや家族は
日常生活においてどのような注意や介助が必要か事例と共にご紹介します。

肺高血圧症の患者さんが日常生活で注意していただきたいこと、仕事や就職についてご紹介します。

life01.png

日常生活

肺高血圧症と診断された方、治療中の方、家族の方に注意していただきたいことがあります。

CASE 1

life02.png

仕事や就職

CASE 2

治療をしながら就労することも可能です。仕事を続ける場合は主治医や職場とよく相談しましょう。

さまざまな生活シーンで注意していただきたいことや、ご家族の介助の事例などをご紹介します。

life03.png

学校生活

CASE 3

Aさんは肺高血圧症の子どもが小学校へ入学した際、一年間くらい毎日一緒に登校しました。

life04.png

災害時の備え

CASE 4

災害を経験したBさんは、停電時の酸素吸入や、常備薬の確保などに日頃から備えています。

life05.png

旅行やレジャー

CASE 5

Cさんは主治医と相談しながら、余裕のある計画を立て、無理せず旅行などを楽しんでいます。

hyoshi.png

PAHの会へご入会いただくと、医学的な分野から日常生活まで、肺高血圧症患者や家族が知りたい情報が幅広く網羅されたガイドブック「肺高血圧症〜患者の生活の手引き〜」を進呈します。

ガイドブック「肺高血圧症〜患者の生活の手引き」 PAHの会発行(第5版/日本語訳版)