PH患者のためのCOVID-19に関するQ&A(米国肺高血圧症協会)

米国の肺高血圧症協会(PHA)のHPにCOVID-19に関するQ&Aが掲載されています。


https://phassociation.org/covid-19-faq-for-the-pulmonary-hypertension-community/


当会の会員の皆さまへの参考として、翻訳を作成しましたので併せてご覧ください。


COVID-19に関するQ&A(翻訳)


なお、ご覧いただく際には、以下の点にご留意くださるようお願いします。


本ガイダンスはPHAが2020年7月7日更新したものをPHAの会で会員向けに翻訳したものです。(公式の日本語版ではありません)


最新の情報が更新されている場合があるため、英語の原文を適宜参照ください。

また本ガイダンスは米国の医療事情をもとに米国のPH患者を対象に記載されているため、日本の医療の実情と異なる場合があります。


PAHの会では本ガイダンスの内容に関する問い合わせには応じかねますのでご了承ください。

また翻訳の内容に齟齬がある可能性がありますが、原文の内容が優先します。

最新記事

すべて表示

肺高血圧症(PAH)患者を対象とする治験のご案内

ご協力いただける方を募集いたします。 ■治験の概要 肺動脈性肺高血圧症患者(PAH)を対象に,既存治療の単剤服用と二剤の配合剤の服用時の有効性・安全性を比較する試験、及び配合剤の継続投与試験です。 ■治験の対象患者は以下の通りです。 • 18歳以上の男女 • 第1群肺高血圧症と診断された方 • PAH治療薬を服用したことがない方,又は特定の既存治療薬の単剤を3 ヵ月以

PAHの会の紹介記事が掲載されました

ファイザー株式会社が社会貢献活動として行っているヘルスケア関連団体(VHOネット)のネットワークづくりを支援する機関誌である『まねきねこ』 57号のクローズアップに「PAHの会」が紹介されました。村上理事長が取材を受け、当会設立の経緯から最近のオンライン活動まで紹介しています。 是非、ご覧ください。 まねきねこ57号 クローズアップ NPO法人 PAHの会 肺高血圧症患者と家族の会