肺高血圧症(PAH)患者を対象とする治験のご案内

ご協力いただける方を募集いたします。

治験の概要

肺動脈性肺高血圧症患者(PAH)を対象に,既存治療の単剤服用と二剤の配合剤の服用時の有効性・安全性を比較する試験、及び配合剤の継続投与試験です。


治験の対象患者は以下の通りです。

• 18歳以上の男女

• 第1群肺高血圧症と診断された方

• PAH治療薬を服用したことがない方,又は特定の既存治療薬の単剤を3 ヵ月以上服用している方

• 以下の薬を服薬していない方

✔ 強力なCYP3A4誘導薬/阻害薬

✔ CYP3A4・CYP2C9の両方に対する中程度の阻害薬

✔ 中程度のCYP3A4阻害薬と中程度のCYP2C9阻害薬の併用

✔ ドキサゾシン

✔ 有機硝酸剤


本治験にご参加頂くためには、上記の他にもいくつかの条件があります。

尚治験に参加頂く期間は最長30カ月です。


ご興味のある方は下記までお問い合わせください。


株式会社QLife治験事務局

Tel:0120-37-4089

Mail:qlife-join-support@qlife.co.jp

※本試験における治験の応募手続きは、株式会社QLifeが行っております。

最新記事

すべて表示

PAHの会の紹介記事が掲載されました

ファイザー株式会社が社会貢献活動として行っているヘルスケア関連団体(VHOネット)のネットワークづくりを支援する機関誌である『まねきねこ』 57号のクローズアップに「PAHの会」が紹介されました。村上理事長が取材を受け、当会設立の経緯から最近のオンライン活動まで紹介しています。 是非、ご覧ください。 まねきねこ57号 クローズアップ NPO法人 PAHの会 肺高血圧症患者と家族の会

Web市民公開講座のお知らせ(10/23(土)15:00~16:00)

10/23(土)15:00~16:00に、ヤンセンファーマ主催、当会後援のWeb市民公開講座「Live together 肺高血圧症(PH)から考える 治療と生活の両立のこと」が開催されます。 (参加無料、事前登録不要) PAHの会の医学顧問の福島先生、村上理事長、小林理事がそれぞれ医師、家族、患者の立場から講演を行います。 詳しくはこちらのチラシをご覧ください。 ⇒https://drive